トイレの水漏れが起こったらまず行うこと

家の中で、トイレやその周辺は毎日使うので、水漏れなどトラブルが発生したらすぐに修理する必要があります。水漏れの症状のなかには自分で修理することが難しいこともあるので、その際は業者に修理を依頼することになります。断続的に流れ続けている水を止める程度であれば、自分でできることもあります。

■トイレの水漏れが起こったら

最初に、水を止めることを考えます。修理が自分でできなくても、水を止めておくと、ひとまずの応急処置となるからです。トイレのタンクの外側にパイプとそれにつながっている止水栓があります。それをドライバーなどで、右に回すと水が止まります。
ウォッシュレットタイプのトイレの場合、止水栓を止めることも大切ですが、他のトラブルが原因ということも考えられます。ウォッシュレットのタイプは電気系統と密接に関連するため、電気トラブルの可能性もあります。業者が来る前に電気系統が壊れると、さらに費用がかかってしまいます。コンセントを抜くなどして、これ以上の被害を出さないようにしておくと良いでしょう。
ポタポタと落ちる水漏れで量が少量なら、業者が来る前にテープで補強するなど、簡単な方法で応急処置をしておきます。冬場なら、結露が発生して床が濡れているということもあります。タンクや付近の配管を拭いて、しばらく様子を見ることでチェックもできます。

■業者の選択をする

水のトラブルは早く直してほしいので見積もりを取る時間もない、という場合もあるでしょう。水漏れはいつ起こるか分からないものなので、早朝、夜、日曜日といった、あまり業者が動いてくれないときに発生することもあります。慌ててしまいがちですが、最低2社から見積もりを取ることができるなら、比較検討できます。
トイレで問題が起こる前に、インターネットや広告、住んでいる地域の電話帳を使って、情報を集めておくこともできます。どんなトラブルに対処してくれるか、どの地域なら無料で来てくれるか、費用はおよそどれくらいかといった事前の情報があれば、落ち着いて対応できます。

■まとめ
水漏れが起こったら、自分でできる範囲の応急処置を行いましょう。業者を呼ぶことも大切ですが、止水栓を止めるだけでも、落ち着いて考えることができます。ウォッシュレットタイプのトイレは、電気トラブルに発展しないよう、電気プラグを抜いておきます。
なるべく安く、そして丁寧に直してもらえるよう、評判の良い業者を選びたいものです。最低2社程度から見積もりを取るようにし、比較検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ