トイレの水漏れの原因とは

毎日使っているトイレから水漏れが起こったら、すぐに修理が必要です。その際によく起こる原因が分かれば、慌てずに落ち着いて対応できます。修理がすぐに必要な緊急な場合もありますが、様子を見た方が良いケースもあります。最近のトイレには様々な機能がつき、多様化、複雑化しているので、いくつかの系統がうまく作動せずにトラブルが発生する問題もあります。

■見てすぐ分かる部分の場合

水漏れが起こったら、まずは目視でよく観察します。どこから水が落ちているのか確認します。タンク式のトイレの場合、タンク付近についているパイプ、パイプと水道管が接続されている接続部から、水が落ちていることがあります。パイプの内部に設置されているパッキンが劣化したり、ボルトが緩んでいる場合に、こうした部分からトラブルが起こります。消耗品が摩耗しているようなら、それらの部品を交換します。
ウォッシュレットタイプのトイレは、ノズル部からチョロチョロと水が漏れていたり、ノズルが元に戻らず、水が流れるままになる、ということがあります。これらは水道管が原因の問題ではなく、ウォッシュレットタイプのトイレのリモコン部の問題である可能性があります。しっかりリモコンを押して、ノズルを戻るかどうか確認します。リモコンを押しても反応しないようなら、電池を入れ替えるなどして作動させます。ボタンを何度か押すと、元に戻ることがあります。

■見てすぐ分からない時の対処方

目視では分からないところからの水漏れもあります。タンクの中でチョロチョロ水が流れて止まらない、ということがあります。タンク内にはボールタップがあり、タンクと給水管をつなぐパッキンもあります。これらもすべて消耗品なので、劣化が原因で水漏れしている可能性があります。便器にちょっとしたひび割れがあったり、その他の目に見えない部分からの水漏れもあります。これらは自分では解決できないので、業者に依頼して原因を突き止め、修理してもらうことが最適です。



■まとめ
トイレ内部のさまざまな部品も消耗品なので、摩耗や経年劣化により水漏れしていることが考えられます。電気系統がトラブルを引き起こすこともあります。目に見える部分から水漏れしているなら、その周りをよく観察し、どこから水が落ちているか突き止めます。ウォッシュレットタイプを使っているなら、念のため、リモコンの電池が消耗しているかどうか、チェックし、何回かボタンを押してみます。自分で解決できない場合、業者に依頼して解決させましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ