トイレの水漏れを日ごろから防ぐためにできること

トイレの水漏れは、ある日突然に起こってしまうものです。それでも、毎日使う部分を丁寧に使ったり、ちょっとした心がけを意識して、長持ちさせることができます。自宅のトイレの状態をよく確認し、リフォームなど根本的な処置が必要かどうか、考えることもできます。
全体のリフォームとなると費用もかかるので、検討するための情報を集めることができます。

■日ごろの手入れを行う

トイレ内のタンク回りや配管に結露による水滴が付く場合があります。この水滴が水漏れと見間違えてしまうこともあるため、注意が必要です。また、湿気が篭らないように、室内の換気を定期的に行いうことでも結露を防ぐことができます。水回りはトラブルが起こりやすいので、なるべく早く水漏れに気づけるよう、結露が起きている箇所を拭いたり、乾燥させておきます。
トイレ自体が詰まるなどの原因で、起こる水漏れもあります。日ごろから清掃を行い、不要なものを流さないようにしておけば、排水部をキレイに使うことができます。ウォッシュレットタイプのものは、排水部だけではなく、ノズル部の清掃も意識します。最近のトイレは自動でノズルを洗う機能があり、定期的に清掃するのに役立ちます。

■寿命を確認する

普段あまり意識して考えることは少ないですが、トイレにも一定の寿命があります。水漏れを直したのに、別のトラブルが起こる場合、また便器が壊れたりしてもそのまま使っている場合、トイレ自体の交換も考える必要があります。自宅で使っているメーカー名、設備の型番などがわかるなら、メーカーのホームページにアクセスして、確かめることもできます。交換時期の目安、交換できる新しいものの型番などが記載されています。
すぐに交換することはないものの、リフォームを検討したいなら、ホームセンターに行ったときスタッフに聞いてみたり、広告を確認したり、インターネットから情報を集めてみることができます。

■まとめ
水漏れにすぐに気づけるよう、乾燥させ、風通しをよくしておくことがおすすめです。便器内はもちろん、外側の清掃も定期的に行います。
トイレ自体の寿命ということもあるので、日ごろからメーカーのホームページ、ホームセンターの情報などを収集しておくことも良いです。検討のための情報を集めをすると選択肢が広がります。最近のトイレの設備は、節水やその他の機能がたくさんあるので、自宅にピッタリなものを選ぶには、ある程度時間が必要です。よく考えて、リフォームの見積もりをしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ